広島の大規模修繕や外壁塗装なら、OCM化成へご用命ください!

OCM化成

新着情報

NEWS

  • 山口県熊毛郡【清倫館】工事完了のご報告。

NEWS

新着情報

山口県熊毛郡【清倫館】工事完了のご報告。

2021/07/16

こんにちは。

 

気象庁が13日に中国地方、梅雨明けしたとみられると発表しましたが・・・

 

昨日も激しい雷雨、大気の不安定な状態が続いているようで今日も急な雷雨に注意が必要なようです。

 

しかし心は晴れやかにブログ更新していきますよ~!!

 

 

 

 

山口県熊毛郡にある【清倫館】の工事完了のご報告です。

 

 

 

≪清倫館OCMコーティング施工箇所≫

 

 

・外壁<サイディング壁、ジュラク調塗装壁>

(塗膜劣化防止、美観維持)

 

 

・屋根、庇

(防水層保護)

 

 

・木部全般<腰杉板、軒、垂木、梁、建具、格子>

(クリア剤保護)

 

 

 

【写真:施工後】

海と山に囲まれた自然豊かな木造2階建の研修施設です。

 

目の前に広がる瀬戸内海は絶景!!!しかし

 

潮風の吹き込みがとても強く塩害の影響から木部全般が灰白色化しておりました。

 

築2年という築浅ではありましたが保護塗料の劣化が窺えました。

 

サイディング壁については表面に苔が繁殖していましたが著しい劣化はありませんでした。

 

部分的にズームアップしていきます。

 

 

 

 

【軒・垂木】

垂木のデザインがとても素敵な軒ですが、紫外線による日焼けなど全体的に白けて菌も繁殖している状態でした。

 

汚れの質に応じて適用洗剤で汚れを極限まで除去し、木材保護のため保護塗料+クリア剤を塗布いたしました。

 

もちろん木部の仕上げにもOCMCOATを施工いたしました。

 

軒、垂木の灰白色化も解消され木目も鮮明になり新築時の状態にまで復元しました。

 

ここで木材のお話をひとつ。

 

木材は何もしない状態では、菌が木材の組織を破壊し腐ってしまいます。

 

維持するためには保護塗料で定期的に保護する必要があります。

 

ところが木部の塗装は一般的な外壁材の塗装効果と比較すると半分程度の3~5年しか持ちません。

 

木部の塗膜が長持ちしない理由は、木は湿気を吸収・発散し膨張・収縮を常に繰り返している状態です。

 

よく木は呼吸していると表現をしますが、この調湿機能によって塗膜の寿命が短くなるようです。

 

しかし最終工程のOCMCOATによって保護塗料の塗膜を保護して長期維持が可能となりました。

 

 

 

 

【腰杉板・矢切格子】

腰杉板・矢切格子も日焼けなどにより全体的に白けていました。

 

軒同様に汚れを丁寧に除去し保護塗料+クリア剤を塗布したのちOCMCOATで仕上げました。

 

 

 

 

【サイディング壁】

サイディング壁は苔の繁殖はあったものの塗膜自体に著しい劣化はなくOCMCOATで復元可能と判断いたしました。

 

サイディング壁を傷つけないよう美装洗浄で表面の汚れだけを除去しOCMCOATのみで仕上げました。

 

 

 

 

【エントランス】

エントランスも築浅のため著しい劣化はありませんでしたがツバメの巣の跡があり美観低下しており、この度は再塗装+OCMCOATをいたしました。

 

奥行きがあるので雨風も当たらず、ツバメにとっては巣を作る最適な場所なのだろうと推測できます。

 

ツバメが巣を作ると縁起がよいと言われていますが、やはり外壁を傷めたり糞が落ちるなど衛生的ではありません。

 

OCMCOATの特徴として付着を防ぐ機能があります。

 

例えばテープ類やガムなどの粘着性のあるものもでさえ付着しないので、ツバメの巣作り対策になります。

 

その他の付随する工事を番外編としご紹介してしておきます。

 

 

 

 

【FIX窓】

雨水等が直接当たる窓枠に関しては、やはり劣化の進行が早い懸念がありました。

 

他の木部同様に汚れを除去し木材保護塗料を塗布したのち維持するため、この度はカバー工法にいたしまた。

 

 

 

【雨樋新設】

雨樋が一部に設置されていましたが、竪樋がなく機能的に十分ではありませんでした。

 

この度、既存の雨樋は撤去し銅製の雨樋を新設、軒が深い構造のため鎖樋を設置いたしました。

 

銅製の雨樋は木造建築との相性は抜群で屋外でも腐食しにくく年月によって「緑青」による変化を楽しめます。

 

最後になりましたが無事に工事を終えることが出来ました。

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

いつまでも安全で快適な建物にしておくためには、人が人間ドックなどで定期的に健康診断を受けるように、建物も定期的に建築診断を受ける必要があります。

ビル・マンションから戸建てまで建物のことなら、下記フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせ下さい(^^)

******************************************

株式会社OCM化成

本社:広島県広島市中区光南4-7-34

OCMカスタマーセンター

フリーダイヤル:0120-510-587

******************************************

OCM化成の公式LINEアカウントがオープンしました!

製品の最新情報などを皆さんにお届けします。

「友だち登録」ぜひよろしくお願いします♪

下の「友だち追加」ボタンもしくはID検索、
LINEアプリのQRコードリーダーからQRコードを読み取って下さい。

 

LINEID :@677xreps
※IDは@を含めて検索してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©株式会社OCM化成 All RIGHTS RESERVED.