広島の大規模修繕や外壁塗装なら、OCM化成へご用命ください!

OCM化成

新着情報

NEWS

  • 広島県広島市南区【アイ・ビックミナミ】工事完了のご報告。

NEWS

新着情報

広島県広島市南区【アイ・ビックミナミ】工事完了のご報告。

2021/06/04

こんばんは。

OCM社員でありながら・・・

OCMCOAT施工をする最適な時期を

恥ずかしながら、最近知りました(^^;

なので、今日はその話をしようかと思っています。

 

 

なぜ大規模修繕工事は平均的に13~15年毎に

行われるのでしょうか?

理由の一つとして

塗料・コーキング材・防水材などが

概ね10年程度の耐候性しかないからです。

実際に10年以上経過すると建築資材が劣化を現し

素人目にも劣化状態が判る時期になります。

第1回目の大規模修繕工事を考える時期になります。

 

 

では本題のOCMCOAT施工の最も適した時期は

いつだと思いますか?

 

 

なんと、築後3~5年となります。

 

 

大規模修繕工事の平均時期に比べると

とても早い気がすると思います。

実は塗膜もまだ生きている時期で

大規模修繕工事をするには、何だか勿体ない気もします。

しかし、鉄筋コンクリート造は型枠が解体されて

建物が完成した後も少しずつ乾燥しています。

その過程でコンクリートに割れが生じます。

そして、新築から3年程度経過した段階で

コンクリートの乾燥は落ち着きの時期になります。

このコンクリートが安定した時こそが

OCMCOAT施工の最適な時期になります。

 

 

とは言っても、一般的にその時期に大規模修繕工事を

計画するオーナーは極めて少ないと思います。

オーナーに伝えたい大切なことは

第1回目の大規模修繕工事が建物の将来を

決めることになります。

通常の大規模修繕工事を何度も繰り返すのか

OCMCOATを施工し、以降の大規模修繕工事を

不要にするかは、オーナーの判断になります。

建物にとって正しい選択をしていただきたいですね。

 

 

さて本日は

広島県広島市南区にある【アイ・ビックミナミ】の工事完了のご報告です。

 

 

≪アイ・ビックミナミ  OCMコーティング施工箇所≫

 

 

・タイル壁

(躯体コンクリート中性化防止、タイル剥離・剥落防止、美観維持)

 

・塗装壁

(塗膜劣化防止、美観維持)

 

・エントランス床 <御影石>

(美観維持、止水)

 

 

ではビフォーアフターです。

点検時、築17年で屋上の防水層については、3年前に修繕されており

経過観察でよいと判断しました。

タイル壁の浮き割れは少量でしたが、躯体内の鉄筋の錆汁が染み出て

タイル目地に一部付着していました。

塗装壁は、塗膜劣化が顕著でクラックも多く確認されていました。

シーリング部は、硬化し割れが著しくシーリング材の機能を全く

果たしていない状態でした。

色決めの際には、何度もカラーシュミレーションを作成し

こだわり抜いた色となっております。

メリハリのある色で、とても素敵に仕上がりました。

部分的にズームアップしていきます。

 

 

 

【雨樋】

雨樋は基材保護のため再塗装し、掴み金物は

ステンレス製にすべて更新しました。

そして、タイル壁にもご注目ください。

点検時は、躯体内の雨水浸入のサインとして

エフロも確認されていました。(施工前写真:中央)

特殊美装処理+OCMコーティングいたしました。

タイル1枚1枚の色がハッキリとして

品のある深みが出たのは、写真を見れば一目瞭然ですね。

 

 

 

【バルコニー】

点検時、バルコニー床は耐水性低下しており

上裏に漏水に伴う塗膜剥離が確認されていました。

排水溝・巾木はウレタン塗膜防水のうえ

防水機能回復と美観形成のため

この度は防滑シートを施工いたしました。

 

 

【共用階段】

内部階段のため雨掛りもなく、状態としては良好と判断しておりましたが

バルコニー同様に、この度は防滑シートを施工しました。

高耐候で遮音性にも優れており、意匠性も高いので高級感も出ました。

 

 

【エントランス】

通行摩擦による表面劣化、全体的に黄ばみ美観を損ねていました。

一部、タイル破損部は貼り替えしました。

特殊美装処理で極限まで汚れを落とし

仕上げはもちろん、OCMコーティングいたしました。

エントランスが綺麗になると心も晴れやかになりますね。

最後になりましたが、入居者の皆様、近隣の方々にはご不便をお掛けしましたが

無事に工事を終えることが出来ました。ご協力ありがとうございました。

 

 

いつまでも安全で快適な建物にしておくためには

人が人間ドックなどで定期的に健康診断を受けるように

建物も定期的に建築診断を受ける必要があります。

ビル・マンションから戸建てまで建物の事なら

下記フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせ下さい(^^)

*****************************************

株式会社OCM化成

本     社:広島県広島市中区光南4-7-34

OCMカスタマーセンター

フリーダイヤル:0120-510-587

*****************************************

 

OCM化成の公式LINEアカウントがオープンしました!

製品の最新情報などを皆さんにお届けします。

「友だち登録」ぜひよろしくお願いします♪

下の「友だち追加」ボタンもしくはID検索、
LINEアプリのQRコードリーダーからQRコードを読み取って下さい。

 

LINEID :@677xreps
※IDは@を含めて検索してください

 

 

 

 

©株式会社OCM化成 All RIGHTS RESERVED.