広島の大規模修繕や外壁塗装なら、OCM化成へご用命ください!

OCM化成

ビル・マンションのオーナー様へ

BUILDING MANSION

  • ビル・マンションのオーナー様へ

TO OWNER OF THE BUILDING MANSION

ビル・マンションのオーナー様へ

大規模修繕工事の重要性を認識して下さい。

<メンテナンスフリーといわれる外壁タイルにも実はメンテナンスが必要なことをご存じでしたか?>

建物の経年劣化によって10~15年に一度の大規模修繕工事が必要です。原因は、10年以上長く耐用する塗料などがないからです。放っておくと、マンションの美観や居住性を損ねるなど資産価値が低下して、建物寿命にかかわることになります。

特に、劣化が分かりにくいタイル張りの建物が要注意。新築した際に建設会社から「外壁タイルはメンテナンスフリーだから良いですよ」などと勧められてタイル張りを採用した方も多いと思われます。しかし「10年も経ったら汚れが目立ってきた…」「タイル壁には剥落事故があるなどニュースで知った…」など心配される方も少なくないのでは?

そもそも外壁材には無機質の外壁材と有機質の外壁材が存在します。無機質とは石や砂、金属、ガラスなど自然から採取される物質であり、タイルは原材料である土や石、砂といった自然素材を高温で焼き成型した無機質の外壁材です。石油由来の塗料(有機質)と違って、石など無機物は劣化することなく自然界に存在し続けることができる物質であるため、当然無機質のタイル自体も抜群の耐久性を持ち、紫外線や風雨の影響を受けても変色や劣化を起こしにくい外壁材なのです。 そういったことから、タイル壁はメンテナンスフリーと言われています。しかし…

外壁タイルにメンテナンスが必要な理由①

■外壁タイルのモルタル目地や下地が劣化するため

多くのビルやマンションは湿式工法が主流です。下地をモルタルで平にしたあとにタイルを張り付け、タイルとタイルの 間にはモルタルで目地を設けて仕上げています。

このモルタル目地は、タイルと違って吸水性が高く雨水等がしみ込んでいき弱ります。また、モルタルが硬化することで 伸縮への追従性がなくなり、目地に隙間ができたり、ひび割れを発生させます。こうしたことがタイルの浮きや剥がれへと繋がったり、建物自体(躯体)を脅かす中性化や漏水へと直結していきます。

外壁タイルにメンテナンスが必要な理由②

■タイル壁のコーキング材が劣化するため

タイル自体は無機物であり大変強い素材ですが、タイル壁に使用されているコーキング材は重要な部分であるにも関わらず、大変傷みやすくなっています。建物をご覧いただくとタイル壁同士の隙間、サッシの周辺等にはコーキング材が施工されているのをご確認いただけると思います。

このコーキング材は紫外線や風雨、温度差等によって短いと新築から3年、長持ちしたとしても7年程度で傷みだし、劣化が進んでいきます。本来コーキングの弾性を保持するための可塑剤(かそざい)というものが染み出て硬化することによりひび割れや縮まってしまう症状に発展します。

コーキングが施工されている理由は、地震などによって建物に与えられる衝撃を吸収し、被害を最小限に抑えるため外壁にあらかじめ、目地を設けてコーキングをしています。

外壁タイルにメンテナンスが必要な理由③

■タイルの浮きや剥がれ

常に過酷な自然環境にさらされている外壁ですがモルタル外壁(塗装壁)同様、外壁タイルもこれら自然環境の影響を大いに受け、浮きや剥がれが発生します。特に昼夜の寒暖差と風雨が大きな原因となりますが、吸水したタイル張り付け材が乾燥する過程で硬化・収縮によって付着力が低下して浮きや剥がれが発生します。

また、施工不良によって新築から数年で剥がれが発生してしまうケースも存在しますが、浮きや剥がれによって落下したタイルが人に当たるなど二次被害を生んでしまうなど大変な事態を招く恐れがあります。

外壁を確認(目視)して浮きの疑いや剥がれ、割れた箇所に気づいた際には早急に専門業者に確認してもらうことが必要です。

外壁タイルにメンテナンスが必要な理由④

■タイル自体にひび割れが発生したため

耐候性や耐傷性が高いタイルですが、タイルのモルタル目地から雨水等が浸入して躯体コンクリートに到達すると、次第にコンクリートが中性化という現象を起こし弱くなってしまいます。その結果、建物に振動や揺れ・寒暖差によるストレスから躯体コンクリート自体に割れが生じます。その場合、タイルも同様に割れてしまいますが、損傷がひどいとひび割れた部分から水分が浸入することでタイルの付着力が低下したり、爆裂(鉄筋の錆)・漏水事故に繋がりますので注意が必要です。

当社のOCMCOATは、これら外壁タイルの問題を解決します

当社のOCMCOATは業界で唯一、タイル同様に完全な無機質で作られています。また、塗料と違ってOCMCOATは剥がれることも劣化することもなくタイル壁の止水・紫外線防止・塩害防止・二酸化炭素からタイル壁全体を強く守る薄膜が半永久的に持続します。(30年保証)

タイルのモルタル目地から雨水等が浸入することがなくなることから、躯体コンクリートの中性化防止・タイル張り付け剤の劣化防止に大きく貢献し、現在、年間50棟の賃貸マンションで大規模修繕工事の実績があります。

【特に、タイル壁の建物を所有されるオーナーはお電話ください。無料でタイル壁の診断を行います】

PROCESS OF LARGE-SCALE REPAIR

大規模修繕の進め方

  1. FLOW

    建物の調査・診断

    オーナー様のマンションを専門スタッフが調査いたします。

    (タイルの浮き・躯体の割れ・塗膜の劣化状態・防水関連など)

  2. FLOW

    調査報告・基本計画

    建物調査の結果を基に、調査結果と修繕計画をご報告並びに、ご提案をいたします。

  3. FLOW

    修繕工事の設計

    修繕箇所・改善箇所の仕様書及び、見積書を作成します。

  4. FLOW

    資金計画

    資金調達を金融スタッフとご一緒に確定します。

  5. FLOW

    工事契約を締結

    諸打合せに準じ、契約書を取り交わします。

  6. FLOW

    工事を実施

    工事スケジュールに沿って工事を進めます。
    ※工事責任者のご挨拶
    ※諸届出(足場設置届・道路占用許可・道路使用許可など)

  7. FLOW

    工事完了確認

    工事完了時にオーナー様と弊社スタッフ・設計士と立会検査の実施

  8. FLOW

    お引き渡し

    工事完了確認の後、保証書を添えてお引き渡しを行います。

©株式会社OCM化成 All RIGHTS RESERVED.