広島の大規模修繕や外壁塗装なら、OCM化成へご用命ください!

OCM化成

会社案内

COMPANY PROFILE

GREETING

ご挨拶

RC造を100年、安心安全に使うために。

 私たちOCM化成が開発し生産するOCMCOATは、まず何よりもお客様にとって最良のものでなければなりません。 私たちはお客様に100%の満足を提供するため、万全の技術力と確実な品質管理体制によって、建物の大規模改質工事を通じ高性能・高品質な製品づくりを目指しています。

 OCM化成が追求するOCMCOATの最大の特長と言えるのが、完全無機質の薄膜剤でRC造の躯体改質を実現するオリジナリティです。建築に詳しくない方でも「耐用年数」という言葉を聞いたことがあると思われますが、建物の耐用年数とは、税務上定められた寿命(法定耐用年数)のことで、鉄筋コンクリート造(RC)は47年とされています。

言葉だけ聞くと老朽化して使えなくなるまでの年数と捉えてしまいがちですが、国土交通省がまとめた「RC造の寿命に係る既往の研究例」によると、「RC造の物理的寿命を117年」と発表しています。例えば、日本最古のRC造の建物としては、旧横浜三井物産ビルがあります。横浜にあるこのビルは、日本最初のRC造の建物で、明治44年(1911年)竣工。現在はKN日本大通りビルとビル名は変わっていますが、109年を経った今でも現役で使われています。

 建物(RC造)は弱アルカリ性ですが、空気中の二酸化炭素などで中性化して鉄筋が発錆し弱っていくわけですから、その中性化を抑止することで建物は本来の100年以上使えるということです。ところが、とりわけタイル貼りの建物はタイルの周りのモルタル目地から二酸化炭素・酸性雨などが浸透して躯体を弱らせることが解っています。

タイルの外壁に塗料を塗ったところで、塗料自体が10年程度で劣化し見苦しい外壁となり、二酸化炭素や酸性雨を防ぐことにはなりません。

 弊社のOCMCOATは、劣化しないことで知られている「完全無機質剤」を空気中の水分で化学反応をさせ、浸透・薄膜形成をしますので、性能低下することなく建物の劣化要因を遮断する躯体改質を実現します。

塗料の限界は(10~15年サイクルで行う大規模修繕工事)ですが、OCMCOATは(一度の大規模改質工事)として、ライフサイクルコストの低減と長寿命化をお約束し、賃貸ビル・マンションの長期安定事業を実現してまいります。

代表取締役 小林 美沙歩

SYMBOL MARK

シンボルマーク

平成27年10月で創業20周年を迎え、新シンボルマークを導入しました。

OCM化成

私たちは、「OCMコート」に情熱を注ぎ、お客様の大切な資産の価値向上と継続を行うと共に、 お客様と心をひとつにして、喜びを分かち合える永遠の信頼を築いていきます。

MANAGEMENT PHILOSOPHY

経営理念

社会に貢献 「新たな常識創り」
繰り返す必要のない建物改修で、ライフサイクルコストを下げ広く社会に貢献してまいります。
革新志向
役員、従業員全員が常に薄膜技術と同じ方向を視て革新的姿勢で業務にあたり、事業展開、営業活動、研究・開発、業務、経営革新に取り組み企業として成長発展を図ります。
顧客第一
常にお客様の思い以上に、建物のことを真剣に考え、適正な工事と価格を基本とします。
情熱
劣化させない薄膜技術の誇りと、情熱をもって取り組みます。

CORPORATE ETHICS

企業倫理

  1. 1.社会の要請に応える企業活動の推進
    社会のニーズを正しく把握し、個人・顧客情報の保護に努め、より安全で良質な施工やサービスを 適正価格で提供するとともに、施工後のアフターサービス体制の充実に努め、顧客の満足と信頼を得られる努力を怠りません。
  2. 2.社会との共生
    積極的に社会貢献活動の推進・文化や慣習を尊重し、社会と共生を図ります。
  3. 3.より良い地球環境の創造と保全
    薄膜技術の管理体制の徹底を継続し、環境保全に十分配慮した事業活動を推進します。
  4. 4.法令等の遵守
    すべての法規・基準を遵守します。
  5. 5.企業の透明化
    企業の透明化・健全化に努めます。

©株式会社OCM化成 All RIGHTS RESERVED.